072-287-8070

南海高野線 初芝駅すぐ

しろくま to the next step

よくある質問

よくある質問

近年は「大人の発達障がい」に対する社会の認識が高まり、テレビや本、そしてインターネットから様々な情報や体験談を得ることが容易になりました。

一方、情報が多すぎて選択できず、かえって迷ってしまうこともあります。
“たくさんの情報の中から自分に合った施設を選ぶにはどうすればいいのだろう”

そのような想いでいる方々に、しろくまの「よくある質問」からしろくまの特徴を知っていただき、事業所を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。

*ご質問がありましたらご遠慮なくお電話またはメールにて ください。

(℡ 072-287-8070  月曜~金曜 9:00~16:30) 

スタッフが詳しくご説明いたします。

Q
生活訓練施設と作業所はどこが異なるのですか?
A

自立訓練(生活訓練)施設は、障がいのある方が自立した生活を送ることができるように、日常生活で必要な様々な能力の維持や向上のための訓練を行います。

一方、作業所と呼ばれる就労継続支援サービスA型やB型を行っている事業所は、一般企業での就労が困難な方に働く場を提供し、働くための知識や能力の向上のための訓練を行います。
A型事業所では仕事に応じて賃金、B型事業所では作業に応じて工賃が支払われます。

しろくまは自立訓練(生活訓練)の通所施設です。
従って居場所利用や学びの場であるため、作業を行うことで賃金や工賃は発生しません。
この点が大きく異なります。

しろくまでは特に発達障がいのある人の特性を意図したプログラムを通して生活能力の維持や向上の支援をしています。

また利用期限が最長で24ヶ月ということも特徴です。

Q
自立訓練(生活訓練)とはどのようなことをするのですか?
A

障がいのある方が、住み慣れた地域で自立した生活を送るために必要な能力の訓練です。 

しろくまでは医療・看護・心理・コミュニケーションの各分野の専門家による講義と学習によって自己理解を深め、一方毎日の生活で必要となる生活能力のスキルを習得、向上させ、自信の回復や自立した生活を目指すための様々なプログラムを実施しています。

Q
誰でも利用できるのですか?
A

障がいを持ちながら、地域で自立した生活を営むために、必要な生活能力の維持や向上を図りたい方が対象です。

対象年齢は18歳から64歳までの方です。
*18歳未満の方でもご利用いただける場合があります。詳しくはお問い合わせください。

しろくまでは特に発達障がいで悩む方々のご利用が多くあります。

Q
どれくらいの期間利用できますか?
A

原則として最長24か月(2年)です。
(長期間入院していた、またはこれに類する事由の場合は3年間)

Q
料金はかかるのですか?
A

原則として福祉サービスの利用料の1割が利用者様の負担になります。
ただ、負担金は上限があり、前年度の世帯収入によって、¥0~¥37200のお支払いになります。
詳しくはお住いの市町村の障害福祉課でご確認ください。

*現在、しろくまをご利用中の約9割の方が自己負担金¥0-で利用されています。

Q
見学・体験利用はできますか?
A

まずはしろくま(℡ 072-287-8070)までご連絡ください。(平日 月~金 9:00~16:30 )

ご見学の日時を決め、ご希望であればプログラムの体験参加も可能です。

Q
受給者証って何ですか?
A

正式には「障害福祉サービス受給者証」のことです。
これがあると法律に基づいて提供される福祉サービスを、行政の給付金を受けながら利用できるようになります。

受給者証があれば自治体が9割を負担し、利用者は1割だけの負担となり、負担金の上限額の適用も受けることができます。

Q
受給者証はどこで申請すればいいのですか?
A

受給者証はお住いの市町村の障がい福祉課等に行って申請します。
*もし堺市にお住まいであれば各区の保健センター(美原区は地域福祉課)に申請してください。

Q
受給者証の申請に必要な書類は?
A

障がいがある事を説明する書類(手帳や医師の意見書)、マイナンバーなどが求められることがあります。
各市町村によって必要な書類が異なりますので詳しくは各市町村にお問い合わせください。

*障がい者手帳がなくても申請できますが、医師の意見書が必要になる場合があります。

Q
受給者証を申請したら次は何をすればいいのですか?
A

申請したら市町村の職員や相談支援事業所によって認定調査が行われます。
障がいや生活の状況、利用したい目的や意向などの聞き取りが面談で行われます。

調査に基づき相談支援事業所によってサービス利用計画が作成されます。
地域によってはセルフプラン(ご自身、家族、支援者による計画書)を立てることも可能です。
そのサービス利用計画を市町村に提出します。

Q
手続きしてからどれくらいで利用できるようになりますか?
A

市町村が認定調査やサービス利用計画書に基づき受給者証の交付を決定するまで、約1~2か月ほどかかります。

Q
しろくまとの契約に必要なものは何ですか?
A
  • 交付された受給者証
  • 印鑑

重要事項の説明を受け契約書を交わし、利用を開始します。

Q
送迎サービスはありますか?
A

しろくまでは現在のところ送迎サービスはありません。

Q
利用している人の年齢層はどのような年代の方が多いですか?
A

2021年9月現在の登録者数の平均年齢は、
男性 34歳
女性 36歳

2021年9月現在の登録者数は男性の比率が高く、男女比は
男性8.8 女性1.2
です。

Q
一日の利用時間は何時間ですか、途中参加、退所はできますか?
A

午前10時~午後3時30分がご利用時間です。

途中参加、退所は自由です。

Q
一日の流れを教えてください。
A
10時過ぎ
ラジオ体操とストレッチ
晴れていれば花の水やり
10時半過ぎ
午前中のプログラム開始
12時
午前中のプログラム終了
お昼休み
午後1時頃
午後のプログラム開始
午後3時
午後のプログラム終了
午後3時半
退所時間

プログラムの参加は自由です。
無理なく自分のペースで参加してください。

Q
市外や他府県からでも利用できますか?
A

はい、利用できます。

医療法人横敏会 しろくま

理事長
横内 敏郎(日本精神神経学会認定 精神科専門医/
      精神保健指定医/認知症サポート医)
事業内容
障がい者自立訓練(生活訓練)通所施設
電話
072-287-8070
所在地
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町4丁11-25
アクセス
南海高野線初芝駅 徒歩2分